編集レポ
・コラム

お店と
スポット

イベント

おでかけ
スポット

新店

NEWS

ビューティー
&ヘルス

Kids
Komachi

LIFE

グルメ

ラーメン

TOP > Kids Komachi

産後ドゥーラ・竹内なつきさんに聞いた「赤ちゃんの冬支度ってどんなことに気をつけたらいいの?」

公開日:2021/10/18


今回のテーマは「赤ちゃんの冬支度」についてです。出産前から産後まで、ママにしっかり寄り添いサポートしてくれる、長野市、北信地域初の「産後ドゥーラ」認定資格を持つ、竹内なつきさん(長野市在住)にお話を聞きました。

 10月に入り、少しずつひんやりとした風が吹くようになりましたね。
赤ちゃんと初めての冬を迎えるママや、これからご出産を控えているママから
「冬に向けて何を準備したらいいの?」
「どんなことに注意して冬を過ごせばいいの?」
というご相談をいただくことが多くあります。
 そこで今回は、赤ちゃんの冬支度について、知っておいてほしいこと、気をつけていてほしいことをお伝えしたいと思います。

◇寒さ対策
 みなさんが一番心配になるのが、冬の寒さの中で服装や室内をどのようにしてあげたら赤ちゃんが健康に快適に過ごせるか、ということではないでしょうか。
 赤ちゃんは体温調節がまだ上手にできません。では、どんな風に対策してあげればよいのでしょうか。

〈服装(着る枚数・着るもの)〉
着る枚数…新生児期:大人と同じ枚数、様子を見て+1枚
     生後1ヶ月~3ヶ月頃:大人と同じ枚数
     生後3ヶ月頃~:大人と同じ枚数、様子を見て-1枚
着るもの…短肌着+ロンパースやカバーオール
     または 短肌着+長肌着+ロンパースやカバーオール
     お出掛けの際は、アウター・手袋・靴下・レッグウォーマーなどを気
     候に合わせて

≪Point≫
・着せ過ぎに注意!赤ちゃんはよく汗をかくので、着せ過ぎると汗によってかえ 
 って冷えてしまいます
・新生児期は少し多めに、3ヶ月頃からは少し薄着に
・汗をかいていないか、手が冷たくなっていないか、を脱ぎ着の目安に
・汗をかいたら、こまめに着替えを
・室内ではミトン、靴下はしない 
※手足は体温調節のためのセンサーの役割をします。室内にいる時は出しておきましょう

〈服装(着る枚数・着るもの)〉
 室温…20℃~23℃くらい
 湿度…50%~60%くらい

≪Point≫
・日中はもちろん、夜も20℃くらいをキープ出来ると安心(夜間授乳のある時期は特に)
・乾燥に要注意!加湿器などを使って湿度にも気をつけましょう
・赤ちゃんが過ごすお部屋に温湿度計を置くと◎

〈お布団〉
 敷布団…シーツは吸湿性の高いものがgood(敷パッドがオススメ)
     防水パッドを敷いた場合は、その上に敷パッドや綿シーツなど通気性
     のよいシーツを
 掛布団…就寝時:綿毛布+薄手の綿や羽毛の掛布団
     お昼寝:綿毛布やタオルケット1枚

≪Point≫
・室温が20℃以下になる場合には、掛布団を厚めにするなどで対策
 (なるべく20℃以上を保ちましょう)
・布団の掛け過ぎに注意。寝汗でかえって冷えてしまうことも。
・電気シーツ、電気毛布などを使う場合は、就寝前に温めておき就寝時には切る
 (付けっぱなしで寝かせない。)
・布団の素材は、洗濯機で洗えるものがベター(寝汗やオムツ漏れ対策)

◇乾燥対策
 乾燥は風邪や肌荒れに繋がりますので、赤ちゃんの過ごすお部屋ではぜひ湿度管理をしてください。対策としては、以下の2つを特に注意しましょう。

・保湿…お着替えの後、沐浴の後など、1日2回程度
    クリームやオイルなど保湿力の高いものを選びましょう
・湿度管理…加湿器等を使って湿度50%~60%に

 赤ちゃんの肌荒れは、荒れた症状そのものだけでなく、感染症やアトピー性皮膚炎に繋がるとも言われています。予防としてよく保湿をし、肌荒れや湿疹が出た場合には、早めにお医者さんを受診しましょう。

 とても寒い長野の冬、まだ体温調節機能が未熟で、自分で”寒い”や”暑い”が伝えられない赤ちゃんを、冷え過ぎないよう、でも着せ過ぎなどで暑くならないよう注意してあげてください。

 今回お伝えした内容はあくまで目安ですので、赤ちゃんの様子やお家の状況、外の温度や湿度を見ながら調節することが大切です。もし「どうしたらいいの?」と悩むことがあれば、保健師さんや助産師さん、私たち産後ドゥーラなど、専門家に相談をしたり、赤ちゃん用品の販売店などに相談してみてください。

 ひとり(あるいはご家族)だけで悩まず、ぜひ気軽に色んな方にアドバイスを求めてみてください!答えを得られるだけでなく、人に話をすることだけでも気持ちが楽になりますよ♪

竹内なつきさんに聞いた、「赤ちゃんの冬支度」はいかがでしたか?育児のフォローと合わせて、気持ちを楽にするお手伝いをしてくれる「産後ドゥーラ」に頼ってみるのもいいかもしれませんね。次回もお楽しみに!


一般社団法人ドゥーラ協会
認定産後ドゥーラ
le cocon(ル・ココン) 竹内なつき
大学卒業後、約20年間、長野市の一般企業に勤務。「女性を支える仕事をしたい、人に尽くすことのできる仕事をしたい」という思いから資格を取得、退社後に産後ドゥーラとして独立、2019年「le cocon」をオープン。現在、高校生のお子様がいらっしゃるお母さん。

『産後ドゥーラ』は完全予約制です。ベビーシッターのみの利用も可能です。事前にお問い合わせ・申込みください。
※シッターの対象はベビー~小学生まで
●訪問時間
平日9:00~18:00 ※土・日曜、祝日は要相談
訪問エリア
長野市内より片道1時間程度 ※片道40km以上の場合は別途あり
●問い合わせ・予約
電話 050-5372-7664(受付9:00~18:00)
※サポート中など応答できない場合はコールバックします
予約メール ntakeuchi.doula@gmail.com
●HP https://le-cocon.amebaownd.com/
※HPからもお申し込みいただけます
●Instagram @doula_natsuki.takeuchi 

関連記事① 産前産後のママの心と体をサポートする『産後ドゥーラ』が長野エリアにも!家事も赤ちゃんのお世話も頼ってOK
関連記事② 長野の『産後ドゥーラ』竹内なつきさんのお話♪産前産後のママは大変!もっと家事も赤ちゃんのお世話も、人に頼ってOKです。
関連記事③ 赤ちゃんと過ごす夏、気をつけるべきことって?長野の『産後ドゥーラ』竹内なつきさんのお話♪
関連記事④ 「産後ドゥーラって何をしてくれるの?」長野の産後ドゥーラ・竹内なつきさんの一日をご紹介♪
関連記事⑤ 産後ドゥーラって、そもそもなぜ生まれたの?なぜ今必要とされるの?~
関連記事⑥ 産後ドゥーラ・竹内なつきさんに聞いた「産後の生活」への心構え
関連記事⑦ 産後ドゥーラ・竹内なつきさんに聞いた「産前・産後に必要な栄養と食事」
関連記事⑧ 産後ドゥーラ・竹内なつきさんに聞いた「赤ちゃんの寝かしつけ」のコツ
関連記事⑨ 産後ドゥーラ・竹内なつきさんに聞いた「産後のパパの関わり方」のコツ
関連記事⑩ 産後ドゥーラ・竹内なつきさんに聞いた「赤ちゃんの冬支度ってどんなことに気をつけたらいいの?」

掲載の情報は公開日現在のものです。
最新の情報は施設・店舗・主催者にご確認ください。