Web-Komachi

2020-06-25

大人気「和泉庄」のきんつば その粒あんがツルヤで買える! 贅沢にお好みでアレンジして

信州屈指の和菓子の町、飯田市。
なかでも、素朴な甘味が愛されている「和泉庄」の「名代大きんつば」は、人気の和菓子のひとつ。
そのきんつばの中に詰まった“あんこ”が、高い品質と豊富なオリジナル商品で愛好家が多いスーパーマーケット「ツルヤ」で、昨年より買えるようになった。
このきんつばは東京・歌舞伎座で「いろはきんつば」の名でも売られ、信州のみならず広く愛されている逸品。
商品化のきっかけは、農林水産省が手がける食料産業の振興事業を通じて両社が出会い、和泉庄の自慢のあんこをもっと広めたい想いと、ツルヤの良い商品を消費者に届けたいという想いが合致したことから。
ツルヤは「できればすべての商品をオリジナルにしたい」と、数多くのオリジナル商品を取りそろえており、長野県内の企業・飲食店とのコラボ商品も積極的に開発している。
定番の食べ方はあんバタ、おしるこなどだが、甘さ控えめで小豆の風味が引き立つので、可能性は無限に広がる。
江戸時代から一子相伝で続くこのあんこを、贅沢に、自由に、趣向を凝らして味わってみて。
(編集部・岩島)

「きんつば粒あん」は、北海道産小豆のみを使用し、炊いた後に皮を取り除く作業を2度行う丁寧なつくり。砂糖は上白糖ではなく氷砂糖を使い、糖度を一般的な約50度より低い42度に抑えることで、小豆本来の味わいが生きる。この数年、北海道産小豆の不作が続いており、外国産小豆に切り替えるメーカーや和菓子店も多いという


ツルヤ
https://www.tsuruya-corp.co.jp

左から「きんつば粒あん」、「こしあん」(各280g/399円+税)。ツルヤ各店で販売中 ※「こしあん」はカナダ産小豆を使用

掲載の情報は公開日現在のものです。
最新の情報は施設・店舗・主催者にご確認ください。