Web-Komachi

2020-04-28

「綿半」が県内飲食店を応援!テイクアウトメニューの販売を開始!

スーパーやホームセンター事業でお馴染みの「綿半」が、新型コロナウイルス感染症対策で外食が自粛となる中、テイクアウトメニューの販売に取り組んでいる地域の飲食店を応援しようと、飲食店の手作り弁当やスイーツの販売をスタートしました。

「綿半スーパーセンター」と「綿半ホームエイド」、長野県外を含む各店舗の近隣の居酒屋やレストランなど、地域の飲食店約50軒と契約、4月18日、準備が整ったところから順次、テイクアウト商品の販売を進めています。

綿半が公式サイトやSNSで呼びかけたところ、約150軒の飲食店から応募、問い合わせがあったとのこと。現在は実施の決まった約50軒の飲食店が、綿半各店にて販売予定ですが、今後も残りの100軒との調整がすすめば、店舗によってはより多くの商品が並ぶことになりそうです。

和食のプロの味、老舗洋食店の味、人気デリカテッセンのお惣菜弁当など、飲食店ならではの工夫を凝らした料理をさまざまにテイクアウトできるチャンス。この機会にぜひ、味わってみては♪

写真は「綿半スーパーセンター須坂店」に出店した地元の日帰り温泉施設「湯っ蔵んど」(須坂市大字仁礼7)の中のベーカリー「蔵パン」。大人気の「オンセン牛乳パン」ほかを販売。

隣りでは「峠の釜めし本舗 おぎのや」が出店。

販売方法は、店舗の惣菜売り場などに飲食店のお弁当が並ぶスタイルのほか、綿半が店舗の一画を飲食店に無償提供、飲食店スタッフが直接、綿半で頭販売するスタイルなど、店舗ごとさまざま。駐車場に飲食店のキッチンカーが登場し、作りたてを販売するスタイルも。

写真は「綿半スーパーセンター川中島店」に出店した地元の居酒屋「主膳処 おお井」(長野市川中島町御厨)のキッチンカー。サッカー「AC長野パルセイロ」ファンにはお馴染み、長野Uスタジアムにもよく登場していた「たこ焼き」と「唐揚げ」のキッチンカーです。

登場する飲食店ごと販売日、販売時間などが異なるので、詳細は各店舗のLINEでチェックを。期間は当面、5月末までの予定だそうです。
また綿半では、追加で、宿泊業・旅館業に対してのテイクアウト募集も始めています。こちらは4月30日(木)まで応募を受け付けているそう。

●HP
https://watahan.jp/
●ツイッター
https://twitter.com/watap_watahan
●LINE
https://watahan.jp/line/index.html

このほか綿半では「飲食業・宿泊業対象・店内商品(一部除く)3%割引きで応援」「出荷先に困った生産者を綿半が仕入れで応援」など、新型コロナウイルス感染症対策の企画を展開しています。こちらも詳しくは公式サイトやSNSでチェックを!


掲載の情報は公開日現在のものです。
最新の情報は施設・店舗・主催者にご確認ください。