編集レポ
・コラム

お店と
スポット

イベント

おでかけ
スポット

新店

NEWS

ビューティー
&ヘルス

Kids
Komachi

LIFE

グルメ

ラーメン

TOP > 編集レポート・コラム

TOP > お店とスポット

TOP > NewOpen 新店

8/8オープン「centotto gelato(チェントット ジェラート)」信濃町産もろこし・フルーツなど、素材感あふれるジェラート♪リゾート気分を味わえるカフェ@にのくらマルシェ(長野県)

公開日:2022/08/09

長野県の信濃町・仁之倉にある通称「もろこし街道」沿いに、地元産の旬野菜やフルーツを使ったジェラートを味わえる「centotto gelato(チェントットジェラート)が2022年8月8日オープン!(グランドオープンは8月11日)

今年7月にオープンした農産物直売所「にのくらマルシェ」内にあり、信濃町の特産品・とうもろこしをはじめ、信濃町産のトマトや大粒ブルーベリーなど素材感を楽しめるフレッシュなジェラートを提供。山々を見渡せるロケーションの中で、リゾート気分を味わえる大注目のジェラートカフェです。

長野市街地からは車で約40分ほど。野尻湖近郊から戸隠に続く県道36号線沿い・通称「もろこし街道」沿いに立地。


《 Index 》
centotto gelatoのこと
centotto gelatoのジェラート
centotto gelatoカフェ空間
centotto gelato店舗データ
にのくらマルシェ

素材感の美味しさをしっかり楽しめるフレッシュなジェラートは、とうもろこし・トマト・大粒ブルーベリー・ルバーブ・花豆などの信濃町産の野菜やフルーツ、さらに、信濃町の黒姫高原牛乳・黒姫和漢研究所の「えんめい茶」など、”信濃町産”にこだわったオリジナルフレーバーがそろいます。このほか、抹茶やチョコレートなども選べますよ。

フォレットコーヒー」が焙煎する珈琲豆を使用したコーヒーメニューやサイダー、ジュースなどのカフェメニューもそろいます。「ジェラート/黒姫高原牛乳」をたっぷり使った「アフォガード」は、ジェラート店ならではの贅沢感を味わえます。

チェントットジェラートと農産物直売所を通じて地元の農家さんたちと繋がることで、旬の野菜やフルーツの美味しさをジェラートとして提供。さらに規格外の農産物も活用することで、フードロスの削減にも取り組んでいます。

にのくらマルシェ/centotto gelato 代表取締役 外谷豊さん
centotto gelato 店長 外谷由比さん

「信濃町は、もろこしや野菜が美味しい町です。ここは景色もよく、とても良い場所なので、ぜひお越しください。チェントットジェラートは、高級感のあるリゾート感をイメージして、今までにない建物を妥協なしでつくりました」」と外谷豊さん。

「にのくらマルシェ」は、農産物直売所とチェントットジェラート、ドッグラン(8/11オープン)、そして、広い駐車場と公衆トイレを完備した、信濃町・仁之倉「もろこし街道」の新たな観光スポットです。
にのくらマルシェ

店名「centotto gelato」はイタリア語で108を意味します。外谷さんの名前を数字で表したときの108に由来するそう。



信濃町産素材でつくる
こだわりジェラート

看板商品の「もろこし」を筆頭に、「トマト」「ブルーベリー」など信濃町の農家が作る新鮮野菜やフルーツなどを用いたこだわりのジェラートが味わえます。
最高級のジェラートマシンを導入し、ジェラートにとって最適な空気量を含ませることでみずみずしく、とてもなめらかな口あたりのジェラートを実現。素材の美味しさをいかした濃厚で贅沢な味わいを堪能してみて。

こだわりのジェラートは、レギュラーフレーバー10種類と、日替わりフレーバー1~2種類がそろいます。取材日の日替わりフレーバーは「チョコ&ヘーゼルナッツ」でした。

「ジェラート」 
シングル 450円、ダブル 500円、トリプル 550円

おすすめフレーバー「もろこし」「トマト」「えんめい茶」。
ジェラート/トリプル550円+手焼きコーン100円


「もろこし」
糖度の高い信濃町産のもろこしを使用。もろこしの甘さや旨みをしっかりと楽しめる、まろやかな味わいです。もろこしの皮が練り込まれていることで食感も楽しめて美味しいです♪

「トマト」
桃太郎などの大玉トマトをメインに、トマトの果肉の味わいをそのままに、ソルベ状に仕上げたジェラート。種部分の酸味はなく、みずみずしいトマトの甘さは、冷やしトマトの果肉部分を食べているような気分です!こちらは代表・外谷さんのお気に入りのフレーバー。
※画像のジェラート左下に少しだけ写っているトマト色のジェラートです

「えんめい茶」
ハトムギ・ハブ茶・クマザサ・クコ葉・エンメイ草をブレンドした黒姫和漢薬研究所が作る信濃町の銘茶「えんめい茶」を煮出して、混ぜ込んだジェラート。
ほうじ茶に近い感覚ですが、とても香ばしくて、個人的にはほうじ茶よりも味に奥行きがあるように感じました。クセもないので、お子さんも楽しめる味わい。美味しいです♪

「手焼きコーン」は、店頭で一枚ずつ丁寧に手焼きをしています。焼き立てなら、熱々とひんやりジェラートの組み合わせを楽しめます。プラス100円

「ナツハゼタルト」
信濃町産のナツハゼを使用。一般的にジャムに加工することが多い木の実・ナツハゼを、和製ベリークッキーを練り込むことでタルト風に仕上げたジェラート。程よい酸味を感じられる濃厚な味わいのジェラートに、クッキーの食感と風味が良いアクセントに。旨みが詰まった濃厚さは、ベリータルトを食べているような気分にもなりました!

「花豆」
信濃町産の花豆を使用。花豆を長時間煮込み、煮汁をミルクベースのジェラートに混ぜ込み、ほんのりとした甘さの花豆をアクセントに練り込んだ和風ジェラート。ミルクの味わい中に花豆の餡が調和して、ほっこりとした美味しさ。ほくほくの花豆も合います。

「ブルーベリーヨーグルト」
信濃町産の大粒ブルーベリーで作ったシロップと、ブルーベリーを粒ごと混ぜ込んだフレーバー。ヨーグルトの爽やかなジェラートに、濃厚なブルーベリーがたっぷり。粒がまるごと入ったブルーベリーも贅沢です。

「ルバーブ」
信濃町産のルバーブを使用。ルバーブの酸味をいかしたソルベタイプのジェラートは、甘酸っぱくて、さわやか!みずみずしさと繊細な口どけが夏にぴったりの美味しさです。

「チョコリッチ」
カカオ70%の濃厚チョコレートを使用。ミルク不使用で甘さを控えた、カカオの風味をしっかりと楽しめるチョコレートフレーバーです。ねっとりとした濃厚な味わい♪

「黒姫高原牛乳」
信濃町にある黒姫高原牧場の濃厚な牛乳をシンプルに味わえるミルクジェラート。
取材では「アフォガート」でいただきました(画像はアフォガード)。とてもなめらかでミルクの味がしっかりとした濃厚なジェラートです。エスプレッソにも負けないしっかりとした美味しさ♪

コーヒー、サイダー、ジュースなどのカフェメニューもそろいます。
コーヒーは信濃町出身で長野市に店を構える「Foret coffee(フォレットコーヒー)」が焙煎する珈琲豆を使用し、マシンで一杯ごとに淹れたてを提供。
アルコールも「YONAYON ALE」「水曜日のネコ」「インドの青鬼」などの長野県のクラフトビールがそろいます。

「地元の方にとっても、気軽にひと息つける場所になればうれしいです」と代表の外谷さん。

「アフォガード」550円
「ジェラート・黒姫高原牛乳」がダブルサイズ相当も楽しめる贅沢「アフォガード」。「フォレットコーヒー」の珈琲豆で淹れたエスプレッソをジェラートに注ぎます♪
濃厚なミルクジェラートに、苦味の効いたエスプレッソが最高の組み合わせ。




リゾート気分を楽しめるカフェ空間

店長の外谷さんがこだわったというお店のデザインは、高級なリゾート感をイメージ。自然光が注ぐ明るい店内は、大きな窓から自然のロケーションが臨めます。

眺めのよいテラスにもイートイン席を配置。

テラス席から臨む眺望。正面のフェンス内には、ドッグランが8月11日(木・祝)にオープン。

(text&photo:Web Komachi編集部yamamoto

centotto gelato
チェントット ジェラート

●オープン日
2022年8月8日プレオープン
2022年8月11日(木・祝)グランドオープン
●住所
長野県上水内郡信濃町大字柏原3442-1
●電話
026-262-1077
●営業時間
10:00~18:00
●定休日
不定休
●席数
店内 約10席、 テラス 約5席
●駐車場
にのくらマルシェ共有
●Instagram
https://www.instagram.com/centotto_gelato/

にのくらマルシェへ



にのくらマルシェ

2022年7月にオープンした「にのくらマルシェ」。信濃町で収穫する朝採れ野菜が並ぶ農産物直売所、「チェントットジェラート」、ドッグラン(8/11オープン)に加え、広い駐車場と公衆トイレも完備した、信濃町・仁之倉「もろこし街道」の新しい観光スポットです。

もろこしの収穫シーズンである8月は、土日限定で「焼きもろこし」や「チェントットジェラート」特製のコーンクリームコロッケを販売。屋外には、手づくりの飲食スペースも設置されています。
※特製のコーンクリームコロッケはにのくらマルシェ直売所のみで販売

旬の採れたて野菜が並ぶ直売所。

信濃町産のもろこしも販売。「恵味」「しあわせコーン」「ドキドキコーン」など、旬の品種が並びます。
撮影したのは午後。品ぞろえが良い午前中がおすすめです。

「チェントットジェラート」でも使われている地元・黒姫和漢研究所の「えんめい茶」や、信濃町産ルバーブの加工品などもそろいます。

コンテナハウスを利用したにのくらマルシェ/直売所は、野沢菜の時季が終了する11月末ごろから4月末までの冬季期間は閉鎖。冬季は、コンテナハウスを移動させて、除雪した雪を置くためのスペースに活用します。※チェントットジェラートは通年営業です

(text&photo:Web Komachi編集部yamamoto


にのくらマルシェ
●住所
長野県上水内郡信濃町柏原3439-1
●電話
090-6380-7789
●営業期間
5月~11月下旬(11月末~4月末まで冬季閉鎖)
●営業時間
9:00~17:00
●定休日
8月は無休
●備考
8月の土日を中心にキッチンカーの出店も募集中
●にのくらマルシェHP
https://www.ninokura.net/



掲載の情報は公開日現在のものです。
最新の情報は施設・店舗・主催者にご確認ください。