編集レポ
・コラム

お店と
スポット

イベント

おでかけ
スポット

新店

NEWS

ビューティー
&ヘルス

Kids
Komachi

LIFE

グルメ

ラーメン

TOP > 編集レポート・コラム

TOP > お店とスポット

TOP > NewOpen 新店

6/17(金)オープン「natura Asamakoji(なちゅら あさまこうじ)」麹と甘酒のおやつ&ランチ&スムージー♪豆乳ジェラートも販売@御代田町

公開日:2022/06/17


6種類の麹を使った焼き菓子やデリなどを展開する麹ラボ「natura Asamakoji(なちゅら あさまこうじ)」が、2022年6月17日(金)、御代田町にオープン。首都圏の百貨店やながの東急百貨店、マルシェなどに出店し、ファンを獲得してきた注目店の初となる実店舗です。

お店で提供するのは、自家製麹で作るクッキーやブラウニーなどの麹のおやつ、麹のランチボックス、麹入りサラダ、麹入りスムージーなど麹づくし。小麦粉・白砂糖・乳製品不使用で信州食材を積極的に取り入れた、こころとからだに優しいおやつとごはんです。

さらに、豆乳や甘酒で作る茨城県「Paradice Gelato & Donuts(パラダイス ジェラート&ドーナツ)」のジェラートも販売。

「natura Asamakoji」の麹はすべて自家製。麹菌の黃麹と黒麹を、それぞれ無農薬穀物の白米・玄米・麦に菌付けをして、3日間温度管理をしながら麹を育てることで全6種類の麹が完成。かなり贅沢に麹菌を使用しており酵素もたっぷり含まれているそうです。そして、できたての麹から6種の甘酒や塩麹を作り、おやつや料理に活用します。まさに時間と手間を惜しまずに丁寧に作られる、こだわりのメニューです。

黒麹と麦の甘酒(左)と、黃麹と白米の甘酒(右)を試食させていただきました。
黒麹と麦の甘酒は、フルーティーな酸味とほのかな苦味。これが甘酒なの?フレンチのソースみたい?(個人の感想です)と思うほど意外な味わいに驚きました。
黃麹と白米の甘酒は、上品でまろやかな甘さ。香りもよく美味しかった。

代表の大木靖恵さん
「長野県の方々に、麹の魅力をもっと知っていただけたらうれしいです」

もともとはレタス農家だったという大木さん。お子さんのアレルギーをきっかけに鎌倉にある専門店で麹を学び、家庭の中で麹を使った化粧水やおやつ、ごはん作りなどを取り入れた生活をスタート。麹生活をはじめてから周囲の方たちも大木さんやお子さんの肌の変化に気づくほどになると、農家の傍ら麹の教室も開講。そして、多忙な日々を送る中、あるとき長男から言われた「いつ好きなことやるの?」の言葉に気持ちと背中をおされて2021年4月に「nature Asamakoji」を起業。東京の百貨店やながの東急などにも出店しながら、2022年6月17日に実店舗をオープンしました。



◆麹のおやつと麹のごはん

自家製麹から作る甘酒や麹を用いて手づくりするおやつやランチBOX。
食材はできるかぎり浅間山麓など長野県産。白砂糖・小麦粉・乳製品は使用せず、甘味は甘酒の自然な甘さを利用したり、オリゴ糖を含有するてんさい糖を使っています。※アレルギー対応食品ではありません

「麹のクッキー」497円
麹の風味をしっかりと楽しめながらも、やさしい味わいのクッキー。噛むほどに口の中に広がる麹の風味が美味しいです♪

「甘酒グラノーラ」70g864円~
自家製甘酒をたっぷり使用した人気商品。信州産りんごチップ入り。

※ともに小麦粉・白砂糖・乳製品・卵不使用

「甘酒ブラウニー」
自家製甘酒や浅間山のちゃたまやの平飼い卵を使用したブラウニーも販売。

実は、こちらのブラウニーは、私が「nature Asamakoji」を知るきっかけになった商品。長野市で行われたマルシェで偶然購入し、その美味しさに感動したんです。画像はその時のもの。甘酒の風味を楽しめる超しっとり食感です。

ほかに、「黒麹甘酒を使った抹茶マフィン」(605円)などがそろうほか、いちごの季節(11月~)には地元産いちごの甘酒プリンも登場する予定。

「麹のランチBOX」1620円 ※日替わり
ごはん、メイン、おかず、ドレッシングなど全てに麹を使用したお弁当。
取材日のメニューは、麦麹を入れた炊いたごはん、醤油麹と甘酒を用いたテリヤキチキン、醤油麹を使ったインゲン豆のきんぴら、ちゃたまやの卵で作るゆで卵の塩麹漬け、オリーブオイルと塩麹で味つけしたグリル野菜、キノコの玉ねぎ麹ソース炒め、人参ラペ。
ご飯は噛むほどに優しい旨味が口の中に広がり、メインのチキンはしっとりやわらかく、優しい麹の旨味が中まで染み込んでいます。多彩な野菜の副菜は、それぞれに素材の味をいかした味付けと食感を楽しめました。想像以上にボリュームもありますよ。

今回の取材では、麹を使った料理の美味しさに驚きました。インゲンを食べたときは「これなら子どもが喜んで食べてくれる!」と直感したり、主菜・副菜ともに一切不要な塩気を感じないのに、味や旨味がしっかりしているので、ご飯も進むし満足感も高い。まさに、食を楽しめて、からだに優しいランチです♪

「perfect麹サラダ」1210円
麦の塩麹と甘酒でしっとりやわらかく仕上げた国産鶏ムネ肉と、長野県産の新鮮なレタスなどの野菜を楽しめるサラダ。無添加麹ドレッシング付き。


「発酵麹カレーのランチ日」
発酵カレーが登場する特別な日もありますよ。直近は2022年6月30日。以降はInstagramをチェックしてくださいね。

「黒麹の甘酒グリーンスムージー」712円
クエン酸たっぷりの黒麹の甘酒に、小松菜、ゴールデンキウイまるごと1個、信州産りんご1/4個分を入れた贅沢スムージー。3種の野菜・果物の味もしっかり感じられるくらい濃厚な味わいです。

季節のフルーツを使ったスムージーも旬の時期に登場する予定。7月以降にブルーベリーの甘酒スムージーが発売される予定です。

サラダに加え、肉・魚料理にも合う、無添加の万能麹ソース「Perfect玉ねぎ麹ソース」(1188円)も販売。「麹ランチBOX」の一品「キノコの玉ねぎ麹ソース炒め」にも活用されていました。美味しかったですよ。おやつの詰め合わせなどギフト用にも対応。



豆乳ジェラート

茨城県「Paradice Gelato & Donuts(パラダイス ジェラート&ドーナツ)」のジェラートも販売。自然栽培の大豆で作った豆乳をベースに作られており、甘味には甘酒を使用しています。
大木さんが同ジェラートの美味しさに感動して「natura Asamakoji」での販売が決定したのだそう。

「豆乳ジェラート」
レギュラー440円
(シチリアレモン・バナナ・抹茶・きなこ・カシューナッツ)
リッチフレーバー496円
(チョコレート・ピスタチオ)



オリジナルグッズ

”毎日の暮らしが楽しくなる”をコンセプトにしたオリジナルグッズも販売。

「オリジナルエプロン」16500円
リネンとコットンで作ったおしゃれはエプロンは、長時間付けていても肩がこらない仕様。ポケットにスマホ等を入れても目立ちません♪

保冷バッグとトートバッグもそろいます。



麹のレッスン

「発酵麹化粧水作りlesson/ランチ付き」「月いち朝麹ごはん」など、定期的に麹のレッスンも開講中。Instagramで確認できます。人気のレッスンなので、気になる方は早めの問合せがおすすめ。

テイクアウトがメインのお店です。テーブル空間は、麹のレッスンや、作家さんの作品の展示販売などを行うレンタルスペースとして活用。空き状況により店内飲食もできるそうです。

※2022/6/16撮影

佐久ICから御代田町方面に車で約10分ほど。複合ビルの1Fに店舗をオープン。

(text&photo:Web Komachi編集yamamoto

natura Asamakoji
ナチュラ あさまこうじ)
●オープン日
2022年6月17日オープン
●住所
長野県北佐久郡御代田町馬瀬口451-6 アンベリール 1-A
●電話
0267-41-0337
●営業時間
火曜~土曜 11:00~16:00
●定休日
日・月曜
●席数
6席
※テイクアウト店ですが、レッスン等がない日は状況により店内飲食可。要確認ください。
●駐車場
建物前に共有Pあり
●備考
クレジットカード可、電子マネー可
●HP
https://www.naturaasamakoji.com/
●Instagram
https://www.instagram.com/natura.asamakoji/


Web Komachi編集部yamamotoの取材ブログ
ランチとおやつ、時々おでかけ♪



掲載の情報は公開日現在のものです。
最新の情報は施設・店舗・主催者にご確認ください。