編集レポ
・コラム

お店と
スポット

イベント

おでかけ
スポット

新店

NEWS

ビューティー
&ヘルス

Kids
Komachi

LIFE

グルメ

ラーメン

TOP > 編集レポート・コラム

TOP > お店とスポット

TOP > おでかけスポット

TOP > NewOpen 新店

TOP > グルメ

9/18に誕生!安曇野の魅力を発信する“泊まれるカフェ”「KIIIYA cafe & hostel(キーヤ)」@安曇野市

公開日:2021/09/23


「安曇野の良さを再認識していただける場所、たくさんの人が繋がる拠点を安曇野につくりたい」。そんな思いが形になった「KIIIYA cafe & hostel(キーヤ カフェアンドホステル)」が9/18、安曇野市穂高にオープンしました。

穂高の街なかに誕生したのは、木を多用し、グリーンに囲まれたナチュラルモダンな建物。大きめな窓ガラスが配され、北アルプスの山々を望みます。取材に訪れた日のお天気の良さも加味してか、すでに気分が上がってきました!


▼気になるグルメ情報はこちら!
▼ホステルは10月16日スタート予定!……後日公開
▼カフェの雰囲気はこちら!


ランチはデリ方式
お好みをワンプレートで

まずは気になるグルメ情報から。ランチは、数種類の季節のメニューからお気に入りをチョイスできるデリ方式(1,080円~)。前菜、温菜がそれぞれ選べて、サラダ、スープ、ドリンクが付きます。

写真は、Aランチ(1,980円)+デザート(400円)の一例。

前身であるテイクアウト専門店「Little Kiiiya」でも好評だった米粉100%クレープも提供しています。

カフェタイム(14時~17時)には、クレープをはじめ、リゾットやブルスケッタなどの軽食が楽しめます。10月からはテイクアウトも再開予定。ゆくゆくは、モーニングも提供したい…とのことで、こちらも楽しみです♪

 

おすすめは安曇野放牧豚
調理長こだわりのディナーメニュー

「安曇野放牧豚のハムとマリネ添え」(1,000円)

ディナータイム(17時~20時)は、地産地消を大切にした安心・安全なメニューを提供します。おすすめは、「安曇野放牧豚」を使ったメニュー。口溶けがよく甘い脂身が特徴の安曇野放牧豚が、グリルや炙り焼き風に調理され、供されます。

「ブルスケッタ(4枚)」(900円) ※写真は「同 ハーフ」(500円)
「焼き出汁茶漬け」(500円)
「オリーブ盛り合わせ」(800円)

今年の秋は、安曇野出身のスタッフの実家の田んぼで育った安曇野産米を収穫。昔ながらの天日干しをした「安曇野産はぜかけ米」を使用予定です。安曇野の地で育てた素材をなるべく使用することで、食からも安曇野の魅力を伝えてくれます。


吹き抜けの開放的な店内
雰囲気の異なる空間づくり

「設計士さん、大工さんたちには、無理なお願いやワガママをたくさん聞いてもらいました」。満足できるまで何時間も打ち合わせをし、完成した店舗。そこかしこに、こだわりがいっぱいです。

店内は、吹き抜けの開放的なつくり。ブラウン、ベージュ、ホワイトとナチュラルな配色で整えられ、落ち着いた雰囲気です。1階がカフェ、2階が宿泊スペースとなっています。中央に配された、円卓、薪ストーブが目を引きます。クラシカルなL字カウンターも趣があります。

木製の円卓は、実は分割可能で、キャスター付き。形を変えながら、さまざまなシーンで活躍してくれそうです。大工さん曰く、「一番大変だった」逸品!

 

こちらも大工さん泣かせの細工のひとつ。L字角丸のカウンターそのものの施工が難しいのに加えて、細かい装飾にもこだわりました。

 

南側には、アンティーク調のテーブル席が並びます。テーブルごとに異なるチェアを合わせているのは、訪れた人が「次はどこに座ろうかな?」とワクワクさせる演出です。また、テーブルが1本脚なのが見えるでしょうか?これは「お客様が座った時にじゃまにならないように」という配慮から。「常にお客様の立場にたって、理想の形を模索しました」。そんなスタッフさんの気持ちが反映され、とても居心地の良い空間を作り上げていました。

テーブル席上の照明は、廃ガラスをリユースしたライトです。「元々この場所にあった祖父母の家で使用していた磨りガラスを使って、作家さんに作っていただきました」と代表の島さん。昔ながらの磨りガラスのやさしい風合いがたまりません!
※こちらのライトは販売もしています

 

最大8名まで利用できる個室もあります。小さなお子さん連れのご家族におすすめです♪

薪ストーブの近くには、どっしりとしたソファ席があります。冬は、ストーブの炎を見ながらホットワインでも…、いただきたくなっちゃいます!

螺旋階段を上った2階は、眺めの良いソファスペース。ゆったりとしていて、なんだか時間もゆっくり流れているように感じてしまいます。うーん、ここで仕事をしたら、はかどりそうだ…。※2階席は、15時以降は宿泊者専用となります

「気持ちが上がる!テンションが上がる!モチベーションが上がる!そんな空間を意識しました」(島さん)。創りたかったのは、安曇野の人が安曇野にいても、非日常を味わえる空間。休日でも平日でも、ちょっと日常から離れて、リラックスした時間を過ごしてほしい。そんな思いが建物いっぱいに詰め込まれています。
※全館フリーWi-Fi完備。仕事にも重宝しそうです


イベントで出会い、つながった
作家さんの作品も展示販売

店内では、これまでのイベント開催などで知り合った、作家陣の作品も展示・販売されているます。カフェで使用しているガラスライトをはじめ、キッズ向けニット帽やキャンドルなど、1点ものの魅力的な作品が並びます。


人が集まり、繋がる場所へ
飽きないモノ・コトを発信!

『KIIIYA cafe & hostel』を運営する「株式会社 安曇野の良さを伝えたい」の皆さん。左から2番目が代表を務める島友理奈さん

2014年から「安曇野の良さを伝え隊」として、SNS等で安曇野の情報を発信してきた島さん。2019年にはテイクアウト専門店『Little Kiiiya(リトル キーヤ)』をオープン。
『Little Kiiiya』についてはこちらをチェック!
『KIIIYA cafe & hostel』開業の目処が立ち、2020年11月にKiiiyaをクローズしてからは、キッチンカー『KIIIYA at CAR』で各地をめぐりました。
「たくさんの人と繋がり、支えられて、やっと『KIIIYA cafe & hostel』がスタートしました。この出会いや繋がりを、これからはKIIIYAから発信していければ。人が集まり、繋がる場所になれるよう、これからも時代に敏感に、飽きないモノ・コトを発信していきます」(島さん)。

安曇野に誕生した新しいスタイルの「泊まれるカフェ」。訪れるだけでも“気分が上がる”注目スポットへ、ぜひ足を運んでみて。

KIIIYA cafe & hostel(キーヤ カフェアンドホステル)
●オープン
2021年9月18日(土)オープン
※ホステルは、2021年10月16日(土)オープン予定
●住所
長野県安曇野市穂高1835-2
●電話
0263-75-2784
●営業時間
10時~20時(ランチ10時~14時、カフェ14時~17時、ディナー17時~20時)
※10月以降は7時~23時予定
ホステル:チェックイン15時、チェックアウト10時
●定休日
不定休
●席数
60席 ※現在は約45席ほどに調整中
●部屋数
6室(1人部屋×2室、2人・3人・4人・5人部屋各1室)
●宿泊料
1人部屋3,500円~、2人部屋6,000円~、3人部屋9,000円~、4人部屋12,000円~、5人部屋15,000円~
※1人部屋はカプセルタイプ、それ以外は完全個室となります
※カフェでの割引サービスなど宿泊者用サービスあり
●駐車場
12台
●備考
電子マネー/クレジットカード利用準備中
全館フリーWi-Fi完備
●公式Instagram
kiiiya_cafe_hostel 
安曇野の良さを伝えたい 

掲載の情報は公開日現在のものです。
最新の情報は施設・店舗・主催者にご確認ください。