編集レポ
・コラム

お店と
スポット

イベント

おでかけ
スポット

新店

NEWS

ビューティー
&ヘルス

Kids
Komachi

LIFE

グルメ

ラーメン

TOP編集レポート・コラム

TOPお店とスポット

TOPNewOpen 新店

TOPグルメ

4/23(金)OPEN!ジェラートカフェ「△tre(トレ)」厳選素材でつくる果実のような新鮮ジェラートと、全国のロースターから仕入れる選りすぐりの本格コーヒー。パフェは近日登場@長野市

公開日:2021-04-28


素材を生かした新鮮ジェラートと、全国各地のロースターの中から厳選したコーヒー豆で淹れる本格コーヒーを提供するスイーツカフェ「tre(トレ)」が、2021年4月23日に長野駅前にオープン!同駅前にある人気カフェ「N4.5」の姉妹店です。

Web Komachi編集Yもお店を取材。フルーツ系ジェラートの美味しさに感激しました♪

「tre(トレ)」は、東京で大好きなカフェ巡りをしていたというオーナーの高橋さんが、長野市でオープンさせた2店舗目となるこだわりのカフェ。

お店では、地元・長野県内で収穫された旬フルーツをはじめ、高橋さんの出身地である九州の旬フルーツを贅沢に使ったフルーツ系ジェラートと、乳製品をベースとしたミルク系ジェラートなどを楽しめます。


農産物は、どんなに美味しくとも、わずかなキズで出荷できなくなってしまいます。そんな旬のフルーツを活用することで、農家さんによろこんでもらいたい。そして、旬のフルーツの美味しさを“ジェラートを通じて”味わってもらうことで、地元の魅力をもっと知ってもらいたい。と高橋さん。

GW中には、新たにパフェやシェイクも登場する予定なのだそう。楽しみです♪


◆Web編集部も感激!
贅沢素材を生かした作りたてジェラート

ジェラートは全8種類。
素材にこだわり、フルーツ本来の味や香りをそのまま生かした濃厚ジェラートが味わえます。

現在の季節限定フレーバーは5種類。
高橋さんが実際に食べてイチゴの濃厚な美味しさに感動したという「軽井沢ガーデンファーム やよい姫」、旬の柑橘系フルーツ「宮崎産 日向夏」、長野県内で栽培されている「長野 キウイ」、「レモンレアチーズ」、「ジャスミンティー」。6月頃に、マンゴーやメロンなども登場予定です。

年間を通じて楽しめる定番フレーバーは、松本highfiveのコーヒー豆を使った「N4.5」のエスプレッソを使用した「エスプレッソ」、松田乳業低温殺菌牛乳で作る「ミルク」、コーヒーとの相性抜群の「シチリア産ピスタチオ」の3種。

◆ジェラート:
シングル500円、ダブル600円、トリプル700円

ジェラート作りは、旬フルーツの美味しさをそのまま生かすため、いちごのヘタ取りからスタート。毎朝作りたてを提供しているので、完成したフレーバーから順次店頭に並びます。

作りたての、ふわっとした独特の食感を楽しむなら、開店の11時頃がおすすめ。以降でも、順次作られるので、タイミングが良ければ作りたてに出あえるかもしれません♪



今回は季節フレーバーの「軽井沢ガーデンファーム やよい姫」と「宮崎産 日向夏」のダブルをいただきました♪

「宮崎産 日向夏」
ひと口食べて美味しさに目を見開いてしまったフレーバー。柑橘系フルーツ特有の甘味・酸味・苦味を、そのままに感じる濃厚ソルベです。黄色の皮や白皮も使用しており、香りも素晴らしい!日向夏そのものを食べているような感覚になりました!素材の贅沢な生かし方にも感激しました。

「軽井沢ガーデンファーム やよい姫」
高級イチゴを贅沢に使用したフレーバーは、通常のイチゴでは出せないという濃厚な味わい。イチゴの甘味やみずみずしさが、そのまま活かされており、フルーツを食べているようなフレッシュ感が口の中に広がります。後味もとっても良く、美味しいです!

カフェでは、「坂城葡萄酒醸造」のロゼワインも提供しており、営業時間内はいつでもオーダー可能。ストロベリーキャンディーのような味わいで、若い女性にも人気のお酒です。

今後は、ワインなどを活用し、「お酒とジェラートのペアリングも、提供したい」と高橋さん。
同店の素材重視のソルベ(ジェラート)であれば、想像するだけで美味しいペアリングが生まれそうです♪


◆厳選こだわりのコーヒー
「美味しい余韻」

コーヒー好きの高橋さんが、全国各地のロースターさんの中からセレクトしたという、こだわりのコーヒーを味わえます。

現在は、宮崎県の「恋史郎(れんしろう)コーヒー」と、大阪府の「HOOP」のコーヒー豆がラインナップ。(コーヒー豆は不定期で変更)
豆を選び、メニューをコーヒー、アイスコーヒー、アイスカフェオレからセレクトできますよ。

取材でいただいたのは、コロンビア産とブラジル産のコーヒー豆をブレンドした宮崎県の「恋史郎コーヒー」のコーヒー。

「恋史郎コーヒー」は浅煎りをメインとした自家焙煎珈琲店なのだそうですが、お店では「tre」専用のオリジナルブレンド(中煎り)を味わうことができます。

コーヒーの淹れ方は、世界チャンピオン監修なのだそう。

「恋史郎コーヒー」500円

まろやかな酸味と甘みを感じつつ、心地のよい余韻を楽しめるコーヒーです。
普段は、酸味控えめの深煎りをよく飲んでいるのですが、酸味ってこんなにも美味しいんだ…と改めて感じた至福の一杯です♪
高橋さん曰く「また飲みたくなるコーヒー」なのだそう。

コーヒーカップは「Sghr/スガハラガラス」のもの。
ガラスの厚みがあり、持ちやすいなど機能美を備えており、口あたりも滑らか。気分が上がります♪



素敵な笑顔で迎えてくれたスタッフのmomoさん♪

デザイナーズチェアーを使用した店内。座り心地もよかったです♪

看板のないモダンな外観が目印です。信号「南千歳町」から東へ2軒目、「N4.5」の斜め向かい側。

お店前でお客さんに声かけたりと、会話やつながりを大切にしているお店です♪

tre(トレ)
●住所
長野県長野市南千歳2-2-1
●電話
026-262-1774
●営業時間
11:00~22:00
●席数
8席、スタンディング席もあり
●定休日
水曜
●駐車場
なし
●備考
電子マネー:Paypay利用可能
※クレジットカード不可
●Instagram
https://www.instagram.com/tre__gelato/


Web Komachi編集部Yの取材ブログ
ランチとおやつ 時々、おでかけ♪

掲載の情報は公開日現在のものです。
最新の情報は施設・店舗・主催者にご確認ください。