Web-Komachi

2020-02-20

信州太郎ぽーくの甘味と旨味を味わう。上田市「とんかつとやきとり 鳥友倭らく」

袋町で営業していた老舗焼鳥店「初代鳥友」の父と「御馳走とんかつ倭らく」の店主を務めた息子がタッグを組み、2019年4月にオープン。
昼はとんかつ、夜は居酒屋として、地元食材を使った料理を提供しています。脂身に甘味があり、豚特有の臭みがないという理由から店主が惚れ込んだ「信州太郎ぽーく」は、地元・上田市「タロウファーム」のオリジナル豚肉。
丁寧な飼養管理のなかで育てられ、きめ細かさとしっとりと柔らかい肉質が特徴です。脂身もサラッとしているので口どけが良く、ぺろりと食べることができます。
ソースは用意されていますが、まずは肉の甘味を感じられるゆかり粗塩で食べるのがおすすめ。
「信州太郎ぽーく」のほかにも、丸子の奏龍味噌を使ったみそかつ、太郎ぽーくと東御の信州峯村牛の合い挽きで作るハンバーグや、真田丸地鶏の手羽先など、地産地消にこだわったメニューがそろいます。ぜひご賞味あれ。

信州上田太郎ポークとんかつ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 64c88e1f032b49b9ee904909a23805fe-399x480.jpg です

1,380円 ※ランチは定食1,580円。
パン屋から取り寄せる、細挽きの生パン粉をまとい、ラードで揚げるカツ。衣はサクッと軽く、肉のしっとりもちもちの歯触りに感動。余熱で火が通るよう、ややピンク色に仕上げています

全国の品評会でも入賞経験のある地元・上田市のオリジナル豚肉「信州太郎ぽーく」。生育環境を整え健康的に育った豚肉は、きめ細かな肉質でクセがなく、肉本来の甘味が感じられます

とんかつ担当は息子の飯島和仁さん。香りが良く、豚肉になじむラードを使い、熟練のタイミングで揚げています

 

とんかつとやきとり 鳥友倭らく(とりともわらく)

●住所
長野県上田市中央2-5-19 
●電話
0268-23-8322
●席数
60席 
●お店の詳細はこちら(Delicious×Komachi)
https://www.deli-koma.com/dk/shop/?clid=1015953


◆上田~軽井沢で、美味しいお肉を見~つけた!Let’s go お肉ハント♡



長野県の最新のカラダが喜ぶおいしい料理をたっぷりご紹介♪長野Komachi4月号の特集「ココロ、カラダ、喜ぶごはん。」はこちら!


◆長野こまち4月号(2020年2月25日発売)はこちら!


★通信販売はこちら
https://web-komachi.com/shop/

掲載の情報は公開日現在のものです。
最新の情報は施設・店舗・主催者にご確認ください。